2008年09月26日

マタニティブルーについて

マタニティブルーという言葉を良く聞きます。

あまり暗い気分になることが無い人からすれば、関係の無いことの様ですが、関係無いと思っていても、なってしまう人も結構いるのです。


産後、体が疲れていると、女性ホルモンの分泌が減少するので、体内で自分ではどうしようもない変化が起きていて防ぐ事が出来ないことの様です。 妊娠中にマタニティブルーを経験する人は多いようでうす。 マタニティブルーの症状は色々とあります。

眠れなかったり、悲しくないのに突然涙が出てきたり、食欲が無かったり、イライラしたりなどです。 普通は出産後2週間位で終わる様ですが、マタニティブルーから鬱病へと移行してしまう場合もあるので、気を付けなければなりません。 一人で悩まずに、友達や家族、専門の医師などに相談しましょう。

マタニティブルー専用に作られたリラックス効果のあるハーブティを使うのも良いですし、他にも色々と気分転換をする事が良いと思います。

妊婦だからとか、赤ちゃんがいるからという事で、自分の行動を制限してしまわない様にしましょう。 ある程度気楽に考えて、真面目にとらえ過ぎない事が克服する秘訣だと思います。

マタニティブルーであると、その気持ちは当然赤ちゃんにも伝わってしまいますし、決して良い事ではありません。 赤ちゃんの事を真剣に考え過ぎる事でマタニティブルーになってしまい、結局赤ちゃんにとって良くない事になるのを思えば、少しは楽になり、楽にマタニティブルーを乗り越える事が出来るかもしれません。









気になるキーワード 調湿くん モッズコート ボネコ 超音波式加湿器 こたつ座椅子 省スペースこたつ布団 ひざ暖板 脱衣所遠赤ヒーター 脱衣所遠赤ヒーター

ニックネーム アイ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする